紫外線を浴びても焼ける、焼けないこの違いって何?

紫外線を浴びることの多い夏場になると、プールやバーベキューなど長時間紫外線にさらされることも多くなりますよね。
そして、ジリジリと照りつける紫外線にだんだんヒリヒリ。
気がつけば真っ黒に焼けていることってありますよね。

逆に、同じように紫外線を浴びても普段生活する上では、ヒリヒリするような焼け方ってしない気がします。

これって、どうして何でしょうか?

紫外線を浴びて日焼けする理由

では、紫外線を浴びるとどうして日焼けってするのでしょうか?

日焼けとはそもそも、太陽の光によって発生した火傷のこと。
この火傷は、皮膚の中でも表皮の部分で起ります。

皮膚は、一番外側の「表皮」「真皮」「皮下組織」で構成されていて、外側の表皮の部分が太陽の光を浴びることで日焼けしてしまうんです。

では、そうして紫外線を浴びると黒く日焼けしてしまうんでしょうか?

紫外線って細胞を壊してしまうくらい強いエネルギーを持っています。
布団を天日で干すのに、紫外線の強いお昼の時間帯に干しますが、これは紫外線のパワーで殺菌するためのもの。
それほど強いエネルギーなんです。

この強いエネルギーの紫外線。
体の外側で守ってくれるものがないと直接真皮に届いてしまい、細胞を破壊してしまいます。

ここで、出番になるのが表皮です。
表皮は一度焼けることで、その後に日の光を浴びても大丈夫なように肌を黒くすることで紫外線を吸収しやすくなっています。
こうすることで、紫外線が肌の奥まで入り込まなくなるんです。

つまり、一度紫外線を浴びると肌を黒くすることで、次に紫外線を浴びた時の影響を少なくするように働いているんです。

紫外線を浴びても焼ける、焼けないこの違いって何?
では、紫外線を浴びても焼けたり焼けなかったりする理由って何なのでしょうか?

まず、紫外線の強さです。
アウトドアレジャーの増える夏場って、薄着っていうことに加えて、一年で一番紫外線が強くなります。
しかも、紫外線の中でも身体への影響が強いのがUVB。
このUVBを浴びることで、水ぶくれになあったり、火傷のような状態になってしまいます。
つまり、この強い影響から身体を守るために、肌を黒くします。

紫外線にはもう一つ種類があり、それがUVAと言われる紫外線。
生活紫外線とも言われ、UVBほど急激な強い作用はないのですが、知らず知らずのうちに浴び続けることで、肌の真皮にあるコラーゲンを破壊しシワやシミ、たるみなどの原因となってしまうんです。
この場合、夏場アウトドアレジャーで受けた時ほど黒くなるわけではないので、一見焼けたってことが分かりづらいです。

でも、紫外線を浴びたっていう事実は同じであって、積み重なって忘れた頃に肌に現れてくるこわ〜い紫外線なんです。

紫外線を浴びると、見た感じ黒くなっていても、黒くなっていなかったとしても影響は受けています。
だから油断せずに、紫外線対策することが大事なんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です